ありがとう…

2018.02.23 12:08|日々の出来事
こんなにも時が早く過ぎてゆくとは…
想像もつきませんでした。

父が倒れて4ヶ月の間はとても長く
私には1年程に感じたのに…
父が他界し、葬儀を終え
日曜日にはもう2週間になります。
ホントにあっという間…
時が駆け足で過ぎました。

父が亡くなる2日前から
何故か一睡もできず
父をひとりでお看取りし
通夜までひとりで付き添い
葬儀までほとんど眠れずで…
病院通いやマンションの雑務など
4ヶ月の疲れが出てきてるのに
まだまだ休める状況ではありません。
悲しみに浸る暇もなく…
考える事、やらねばならない事
次から次へと襲ってきます。

父と離れて暮らして30年以上…
何が何やら分からない状況で
全て調べて探して
物事を進めなければなりません。

遺される者へ…
物と借金は残さない事。
口座引き落とし先は一箇所にしておく事。
生命保険などより現金で残す事。
できれば定期じゃなく、普通預金で…
暗証番号も教えておく事。
延命治療の有無や尊厳死の有無
他界後の事を文章にして残す事。
そして生きてるうちに
たくさん死後についての話をしておく事が
遺される者への愛情でしょう。

誰しも明日、どうにかなるかもしれません。
今、しておいて損はありません。

ひとりでお看取りし
ひとりで連れて帰り
パニックになり呆然とし
何をどうしていいのか…
不安でたまらないのに…
冷静に判断できるような精神状況ではないのに…
心の隙間に入り込んでくるが如く
葬儀社のお金の話を
呆然と聞きました。
世の中は血も涙もない…
結局、カネ…カネ…金かぃ…

今なら何とでも言えるのですが
あの時はなすがまま…
何も言えませんでした。

車に乗ると今でも病院に
向かいそうになります…

お看取りをした病院の看護師さんたちには
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

辛い決断を先生に話した後
「お父さんは貴女に
 見つけて欲しかったんですよ。
 お父さんにとって
 最善の決断だと思います」
と言いながらそっと背中を
さすって下さった事は
一生忘れる事はないでしょう。

すれ違う看護師さん、誰しもが
私にいつも「ありがとうございます」
と言うのです。
こっちがありがとうございますなのに
毎日、毎日…
行った時も帰る時も
「ありがとうございます」
と仰る…頭が下がりました。

見たくないモノを見て
知りたくない事を知り
いろんな意味で辛く苦しい想いを
周りのたくさんの方々が
受け入れ支え助けて下さいました。
時には心の内を聞き
泣かせてあげようと
して下さったり
気を紛らせてあげようと
して下さったり
倒れない様にと
体にいい食べ物を
差し入れて下さったり
皆さんのおかげで
今の私がここにいます。
私ひとりでは何もできませんでした。

葬儀場はワンホールを借りましたが
質素な葬儀にしました。
ただ、会葬頂いた方々への
感謝の気持ちだけは忘れず
誠心誠意、努めさせて頂き
喪主挨拶も自分の言葉で
その時出た言葉を
そのままお伝えしました。

葬儀場の中の皆さんが
一緒に泣いてくれまして…
意を尽くした挨拶に
感動して涙が止まらなかった…
温かいお葬式で
お父さんも喜んでるよ…
と皆さんに言って頂けて
少し肩の荷が下りました。

ここをご覧の皆様にも
私の体を心配して頂き
本当にありがとうございました。

本当に悲しめるのは
まだまだ先になりそうですが
落ち着いたら思いきり泣き明かしたいと思います。

「パパ…
 さようなら……」



トップ画面に戻る

旅立つ日

2018.01.26 12:24|日々の出来事
どうしよう…
今から涙が止まりません。

怖い怖い父でした。
理不尽に殴られ蹴られ
怒鳴られて…
怖い怖い父でした。
大嫌いな父でした。

父から逃げたくて…
父から離れたくて…
もがき続けた人生でした。

物言わぬ父なのに
毎日、父の顔を見て
手を握って
話しかける自分が居ます。

やっぱり辛いです。
やがて訪れるその刻が
辛いです…

最期の刻…絶対に
パニックになる私の傍らに
誰も居ないのが
こんなにも淋しいと思った事は
ありません…
最期の刻…絶対に
パニックになる私が
怖いです…

数年前にもここに
アップした曲を
ふと思い出して
聴きながら泣いてます。

アニメ[象の背中]の主題歌
『旅立つ日』
旅立つ日

ある朝 目覚めたら
神が待ってた
命に終わりが来ると
そっと知らされた
どうして 僕だけが
旅立つのか?
運命のさざ波に
声は届かない
一番近くの大事な人よ
しあわせだったか?
それが気がかり
もしも僕がいなくなったら
最初の夜だけ泣いてくれ


誰しも明日の事はわからない。
分からないのだけど…
まさかこんなカタチで
逝かされてしまうなんて
父も予想外だった事でしょう…

母は、末期癌…
入院して2ヶ月で
逝ってしまいました。
あの時も泣いて泣いて
パニックになりました。

父は…
私が余命を
決めてしまったのです。
母の時より
辛く悲しい刻が
もうすぐ訪れます。

今のうちに…
涙が涸れて
無くなるように…
たくさんたくさん
流しておこう…

本当に泣けます。

コチラをclick『旅立つ日』By JULEPS

トップ画面に戻る

いたわり・・・

2018.01.21 18:40|ポエム

[フリー写真サイト 足成より]

僅かな灯火も
仄かな温もりも
消えてしまい
心の音が鳴ってる
カラカラカラカラ…

キミ想い考える

その心…
助けられるのは
自分だけ


トップ画面に戻る


エール

2018.01.16 18:46|日々の出来事
不安です…
心細いです…

父が倒れて3ヶ月が過ぎました。
喋るはずもなく…
返事をするはずもなく…
なのに一生懸命に声をかけてみる…

栄養を辞めて水分のみで
そろそろ1ヶ月ですが
やつれてもなく…
苦しそうに見えないのが
何よりの救いです。

命の期限を決めたのは私…
治療方針や病院をきめたのも私…
近々訪れるであろう旅立ちへの
お看取りも私一人…
連れて帰るのも私一人…

私が決めた期限であるのに
きっとその刻がきたら
パニックになる事が
なんとなく想像できる…

そんな心を打ち消す為に
毎日、父のマンションへ
掃除や整理をしにでかけてます。
そして病院へという生活。

私の家の倍ほど
南北に長〜いマンション。
リビングから北の部屋を
行ったり来たりするだけで
クッタクタです。

何年、掃除してない?
という程の埃で
鼻水が止まらない。
物が捨てられなくて
5LDKに溢れかえった物を
整理整頓しないと
掃除もできない状態でしたが
少しずつ掃除できる様になり
悪戦苦闘しながら頑張り過ぎて
去年からずっと腫れてた
左足親指がまた膿んできて…
動くだけで痛い…

大丈夫か、私。
孤独との闘いに
負けるな私…
と自分で自分にエールを贈る!

だけどやっぱり…
不安、心細い…
心細い、不安…

辛い本当に辛い…
考える事、決める事も
いっぱいあって…
いろんな意味で
辛くてたまらない…


トップ画面に戻る

ありがとう・・・

2017.12.28 19:37|ポエム
「Short story」鮎さんの曲を聴きながらどうぞ
BGM by Are you

屋上から

遠くにあるのに
すぐそこにあるもの
遠くにあるけど
大切なもの

手を伸ばせば
届きそうで
掴めそうで

カタチのない
触れられないモノ
だからこそ尊くて
愛おしくて

ボクを救ってくれた
キミの存在すべてに
ありがとうの贈り物…


******************
2016年8月を最後に
ポエムを更新してませんでした…
前記事にもある様に
病院に追われて余裕なく
言葉が出てきませんでした。

今までのポエム今日のひとこと
を読み返して思った…
自分に言い聞かせてる様な…
自分で自分を励ましてる様な…

今年初めてのポエム更新
そして今年最後のポエム更新は
私のいろんな事に対して
いっぱいの思いやりや気遣いを
頂いた方々すべてに贈ります。

トップ画面に戻る

深い想い

2017.12.21 17:02|日々の出来事
今年を振り返ってみる…

2月、父が膵臓の検査入院。
5月、私の目が見えなくなり通院2ヶ月。
6月、私の足の指が膿んで腫れ通院1ヶ月。
未だに腫れがひかず痺れが残ってて…
7月、私の歯科治療で通院4ヶ月。
8月、父が脳梗塞で入院1ヶ月。
9月、私の声が出なくなり通院1ヶ月。
10月、父が脳出血で倒れて現在に至る。
病院、病院また病院の1年…
長い長い1年でした。

父が倒れて約2ヶ月半…
私にとっては、既に半年位経つ
そんな感覚を覚える刻です。

私を思って下さるのは
とても有り難く感謝もしますが
空気が読めない軽はずみな言葉が
実は重荷だったりします。
ただ、心に寄り添い
そっと心を撫でてくれる様な
穏やかな言葉に安らぎを感じます。

誰でも一度は経験があるでしょう。
何か分からない事があれば
何でも聞いてください
と言われた事。

聞けるという事は
今、初めて聞いた事を
その場で理解してこそ
質問できる訳で分からないから
分からない事など言えない…

言われた事、聞いた事すべてを
受け止め過ぎてパニックになる
だって分からない事だらけだから…

自分の事でさえ決断した事を
これで良かったのか?と
迷う時だってあるのに
ましてや、親子とは云え
別人格の人間の命に関わること
悩み考え決断する事は
やっぱり辛いです。

そんな時…
現役ナースのお知り合いから
優しくて広くて温かくて…そして
深い深い言葉を頂いて号泣しました。
まさしく心にそっと寄り添って下さった。
心の底から
「ありがとうございました」

父は、希望してた病院に
先週、転院して…
今週、鼻からのチューブを外し
点滴のみになりました。

ずっと続いてた熱のせいで
転院できなかった訳ですが
転院してすぐに誤嚥性肺炎が原因の
熱だと聞いて、やっぱり…と思いながら
鼻からのチューブを外したら
熱が上がる事は無くなる様にと
祈るばかりです。

今年は、病気に始まり病気に終わりました。
そんな中においても、常に気にかけて
電話をくれたり、甘い物やイタリアンを食べに
付き合ってくれたり…
カラオケに付き合ってくれたり…
取り留めのない話を聞いてくれたり…
食欲が出そうな美味しい差し入れを
持ってきてくれたりと…
たくさんの人の思いやりに
支えられて、私は幸せ者でした。

何かと忙しい時期に突入しました。
ここをご覧の皆さん…
どうかお身体を大切にお過ごし下さい。
poem


トップ画面に戻る


過酷過ぎる

2017.12.06 16:01|日々の出来事
非情だ…
ヒジョーに非情だ…
過酷な現実がそこにある。

病院の受付はもちろん
病棟は動けない高齢者ばかりです。
老々介護の多いこと…
看てる方が倒れてしまいそう…
なのに「基本的には自宅で介護」
と国の方針だと声高にいう…
非情だ…過酷な社会だ…

私が倒れたらどうしよう…
などと思いながら父の病院通いは
当分続きそうです。

11月中に次の療養型病院へ
転院できる様に話を決めて来たのに
未だに転院できません。
転院先の方はベットを空けて
待って下さってるのに…

今の病院はオムツから口腔ケア用品
そして褥瘡のガーゼまで購入して
持って行かないといけません。
褥瘡って治療じゃないのか?(怒)
もちろん、タオル類の洗濯物もあり…

私はサッと動けない事もあり
多めに購入して揃えておくと
無駄遣いしてあっという間に無くなります。
おしり拭き3パック有ると
全部、封を切られ蓋もせず放置で
カサカサで使えない状態!
オムツ10枚入りが2日で無くなった!
Σ( ̄。 ̄ノ)ノエッーーー!
管から尿を取ってるのに
尿取りパットしてるし…
管理された栄養を
人工的に与えられて
お腹壊すなんて考え難い…

それ以来、必ず全部チェックして
ギリギリまで買い足さない事に…
余計な仕事が増えました。

総合病院としての今までの
重大なミスや主治医の対応の悪さ
その他の事を加味して早急に
次の療養型病院への転院を
熱望してる旨をワーカーさんに
何度も相談してきました。
ワーカーさんや、次の転院先は
私の気持ちをよく理解して下さり
早く何とかと、頑張って下さってるのですが
主治医が動かなければ
何も事が進まないのです。

二言目には
「ご自宅で介護が基本!」
と宣う主治医。
こんなに医療依存が多い父を
私が介護できるはずがない!
見て分からない?…
心無い言葉に愕然とする。

救急車で運んでからずっと
容体の事、今後の事
あらゆる面でパニックになってるのに
入院して10日で転院する話を持ち出し
またもやパニックになって
必死で決めてきたのに
この期に及んで転院できず…
今年中に移れるのか心配になる…

次の病院はオムツも尿取りパッドも
おしり拭きもタオルも
病院の物を使うので
購入や洗濯して運ぶ手間が省けます。

早く移れると少しは私が
落ち着けるのですが…

元々、評判の悪い病院で
私自身も実際にかかって
嫌な想いをいっぱいした病院…
早く転院したいです。

過酷だ…
ヒジョーに非情だ、ホントに…


トップ画面に戻る

可哀想な自分

2017.11.14 22:08|日々の出来事
たくさん考え悩み苦しみ
いっぱい泣きました。
私にとっては
2ヶ月にも3ヶ月にも感じる
長い長い時ですが父が倒れて
まだ1ヶ月しか経ってないのですね…

親戚を含めいろんな人に
相談したり話を聞いて頂いたりしました。
でも、最終決断をし
病院関係やその他もろもろに
関わるお人に言い伝えるのは
全て私の責任でやらなければなりません。

辛い事を聞くのも私…
傷つくのも私…
無神経で心無い言葉を聞くのも私…
腹立たしく悔しい想いをし
それでも我慢して聞くのも私…

感情的にならないように
奥歯が折れるかと思うほど噛み締め
耐えて耐えて…苦しみました。

それでも、父には痛くて辛くて
苦しい想いをさせたくないと
最善を尽くせる様に
頑張る自分を可哀想に思います。

私が中途半端に見つけてしまったから
私がもっと注意してみててやったら
こんな事にはならずに済んだのに
と自分を責めたりして…
一人で悩まない、抱え込まない
と呪文の様に言い聞かせても
可哀想な自分を慰める術もありません。

父の状態は運んだ時と
殆ど変わりがなく
血腫の大きさにも変わりがなく
この先のことは不明のまま
治療をする事もなくなりました。

今後は、療養型病院を決めて転院し
その後は施設へという事になるでしょう。

療養型病院も空きが無ければ
うつることもできないと
諦め半分でワーカーさん紹介の
病院へ面談に行ってきました。

思いのほか、良い対応で
今月中にも受け入れて下さる様です。

未だ意識のない父…
意識が戻っても喋る事はもちろん
物事を理解する事も
動く事もできない…
好きな絵を描く事も
好きな旅行もできないのに
オムツをあてられて
生きて行くのは
不本意でしょう…
私だったら、絶対に嫌だ…

何度、冷酷で辛い決断をし
何度、口にしなきゃいけないのだろう…

怖い怖い父だったけど
物言わぬ父の温かい方の
左手を毎日撫でながら
一生懸命、声をかけてる自分が
可哀想でなりません…


トップ画面に戻る


先が見えない

2017.10.23 23:50|日々の出来事
父親が倒れて15日…
未だに意識が戻りません。
治療の事、容態の事、今後の事…
もちろん金銭面も含め
考える事や不安な事で
頭がいっぱい、心にも余裕が無く
せめてこんな時位
今、目の前にある事だけ
見ていたいのに
どーして滝の様に
激しく冷たく痛く
次から次へと問題が
降りかかってくるんだろう…

辛くて苦しくて泣いてばかり
何故だか一人で号泣する毎日。

父親の事が心配で…じゃなく
冷たい娘、薄情な娘かもしれませんが
倒れてるの見つけて
救急車を呼び
その場で、今夜危ないと…
延命治療はどうするか?
と言われた時から
覚悟はしているので
父親には苦しくない様に
痛くない様にと思うばかりで
哀しくなんかない娘です。

こんな時だからこそ
口先だけでも、お大事に…
身体を大事に無理しない様に
といっても損しないでしょうに
父親のマンションへいくたび
見たくない事…
聞きたくない事で
心乱され、パニックを起こして
狂った様に泣き叫んだ私でした。

そんな私の力になりたいと
いとこたちが助けてくれます。

男性の存在の心強さを
改めて実感してます。

幼い頃から父親に甘える事を
許されず…無償の愛情も知らず
ここぞ!という時に
守ってくれる男性を知らずに
来た様な気がしてましたが
マンションでの揉め事に
無関係な私が振り回され
心ない人の心ない仕打ちに
それこそ無関係な従兄弟が
私の代わりを買って出てくれて
やっとひとつ問題が解消しました。

一回り離れた従姉妹のお姉ちゃんも
マンションの見たくないものを
片付けてくれたり…
マンションの中の問題も
またひとつ解消し
私も少しずつ気が楽になって来てます。

父親は意識が戻っても
マンションに帰る事はないでしょう。
重度の後遺症が残ります。

このまま永遠に目を覚まさないかも?
神様しかわかりません。

天国にいる母の居場所ができて
やっと成仏できたかなぁと
私もホッとしたおかげで
今夜は泣かずに済みそうです。

まだまだ大問題が残ってます。
妹と相談しつつ亡くなった母の為にも
あと少し私に動ける力を下さいと
お仏壇に手をあわせてきました。

私の闘いはまだまだ続きます。



トップ画面に戻る


休みたい

2017.10.18 01:00|日々の出来事
寝不足です…
ゆっくり寝たいのに
疲れてるのに眠れません。

ヤバいです…
また声が出なくなり始めました。
風も引いてないのに…
せっかく出るようになったのに
また同じ状態です。

完全にストレスと疲れです。

父親がまた倒れて
今回ばかりは死を覚悟するほど
重症ですが今すぐ命が絶える状況は
脱したものの…
あのまま息絶えた方が
本人も楽だったでしょう。
回復の見込みもなく
右半身の完全麻痺と
脳出血の量が多く
手術もできず、未だに目が覚めません。
最悪、このまま息だけして
意志疎通もできずに
生きていく事もあり得る状況です。

病院に運んだ直後には
延命治療についての説明もあり
その場で辛い決断を
独りで決めなくてはいけませんでした。 

すぐに父方の親戚一同が 
駆けつけてくれました。
父が心配というより
私を心配しての事です。

お前の周りには幸い
親切な人がたくさん居るようだから
何でも頼って力になってもらいなさい。
10人居たら10通りの知恵がある。
親切一同も全力でお前をサポートする。
しけし、身内が思いつかない知恵も
他人さんから授かる事あるのだから
自分だけで考え込んだら
アカンぞ…と従兄弟や
叔父さんに言われました。

親戚以外にも
いろんな協力を申し出てくれる人
私に話をさせて泣かせてくれる人
思いやり、優しさ
温かさに感謝しながら
何もお返しはできなくても
どこかの誰かが私のように
辛く苦しい時に
手を差し伸べられる
優しい自分でありたいと
心に刻みました。

いろんな問題が山積の中
我が事しか考えてない
空気の詠めない常識知らずの
腹立たしい人が居るのも現実。

とにかく、あれもこれもと
やらねばならない事があり過ぎて
頭がパンクしそうで
余分な事柄に耳を傾ける余裕が
私には全く有りません。

小さい頃から父親には
泣かされてきましたが
娘がこんな状況になっても
アナタは私を自分の籠に 
閉じ込めようとするのね
って怒りさえ覚えます。

しばらくネットも離れます。

何もかも…心も含め
余裕が出たらまた更新します。

それまで暫し…お休みします。

トップ画面に戻る

眠れぬ夜は…

2017.10.12 10:14|音楽
どこか切なくもあり
甘くて優しくてあったかい
ピアニスト鮎さんが歌う
「オリビアを聴きながら」
ガットギターの柔らかさが
そう歌わせるのでしょうね。

ギターの音色が
歌声を見守ってる様で…
優しい…

あえて「ジャスミンティーは~」
から始まって小賢しい事しないで
灯りが消える様に終わる所が
眠れぬ夜の切なさを
感じてステキです(* vv)

鮎さんたちお2人ならではの
アレンジが心を撫でてくれて
好きだなぁ…
こういう音の紡ぎ合い。



この曲聴いてたらガットギターが
弾きたくなりました(^^ゞ

FG-110くんがやってきてから
ほったらかしだったガットギター

弾いてなかった割には
いい音するじゃあないの(*^^*)

中学の頃、友達に譲ってもらった時から
ローランドのシールが
ベタベタ貼ってあって
必死で剥がすも…その跡が消えず
痛々しいギターになってます。

ネックも反っちゃって…
シールの跡にゴミ付いちゃって…
弦も替えてあげないとなぁ…
ごめんね、知らんぷりしてて\(__ )

「疲れ果てたアナタ
 私の幻を愛したの」

苦しいよねぇ。。。
切ないナァ…


トップ画面に戻る

いろいろストレス

2017.10.05 19:47|病気
とうとう10月になり
声が出なくなって約1ヵ月
まだまだ時々、声が出せず
発音できない時もあり
歌う事がこんなに難しいと
思った事はありません。

考えてみれば春から
通院の嵐でした。

右目の炎症発作。
左足親指の腫れ。
右上奥歯の根っこが
骨の中で割れて抜歯。
顎関節症再発。
そして声が出なくなる…

目が見えなくなった時
眼科の先生が
「炎症発作を起こすきっかけに
 ストレスもあるので
 のんびり過ごして下さいね」
と仰った事を思い出しました。

声が出なくなって
最初に行った内科でも
「頑張り過ぎたかなー?」
と言われて…

ウーン…(¯―¯٥)
確かに…

自分だけでも心を
持て余してるのに
春から私の生活が一変し
無くなった存在の大きさを
実感しました。

15~6年程前でしょうか…
今回とは、少し違いますが
喉の奥、食道の入り口付近に
ピンポン玉位の大きさの物が
入ってる様な違和感で
気持ち悪くて食欲もなく…
食道の検査をした事がありました。

口からカメラを入れて
検査したのですが
食道は異常なしです。
ついでにそのまま胃まで
カメラを入れて調べたら
胃にポリープがあり
その場で切って生検に
廻された事がありました。

結果、悪いモノではなく
胃潰瘍であった訳ですが…
その時言われた事が
「潰瘍は5分でできます。
 考え込んだり悩んだり
 強いストレスで誰でもできます。
 食道辺りの異物感もそうです」
と・・・

今回も、ストレスの様です。

周りから見れば
咳込んでる様に見えても
あれは咳じゃなくて
自分でワザとゲーって
やってたんです。
そうしないと居られない
というか…苦しいというか…
どこだか分からないけど
何かあるような感じで…

いろんな事…
全てにおいて…
我慢し過ぎた成れの果てです。

今までのいろんな考え事の
蓄積がストレスを呼び込んだ…
みたいです。

でもこれでまたひとつ
人を思いやれる要素が増えました。

筆談しなきゃと思うほど
声が出ない時…
気晴らしに出かけたお店で
店員さんに声をかけられ
返答しても声にならず
私の口を必死で見ながら
言わんとする事を
理解しようと一生懸命に
対応してくれたみたいに
温かくて親切にしたい…

声を失った人の気持ちも
僅かではありますが
分かる様な気がしてます。

悪い事ばかりではないですね。


トップ画面に戻る

ストレスが破裂した

2017.09.27 17:23|つぶやき
「為せば成る
 為さねば成らぬ何事も」

「やってやれない事はない」
 そんな人生の中で

「…ねばならない」
に追いかけられて
やがて追い越され
行き先を阻まれて…

何事も始める事より
終える勇気と難しさを
改めて思う。

頑張って作ったホームページ
《Time Post》のサーバーから
更新日まで後○日と毎日メールで
カウントされてきます。

思い入れがあるので
自分では消せなくて…
支払いをせず放っておけば
自然にアカウントの取消と共に
消えて行くのを待っています。

9月は長いなぁと
今年ほど思った事はありません。

声が出なくなって約20日
やっと普通に喋れる様になりましたが
まだ、発音によって出にくい声もあり
普段の声とは少し違う感じです。

そんな中、父親も大きな後遺症もなく
退院しました。

いろんな不安や心配事に
「○○であらねば…」
と見えぬ不確定な事柄を
自分に強いて
背負ったリュックや
抱えた荷物を下ろす事も
引きずる事もできず
知らず知らずのうちに
張り裂けそうになってたのに
独りで耐えていて
いっぱいのストレスを
溜め込んでしまったのでしょう。

自業自得の結末に
泣くに泣けない情けなさ…

ご心配をおかけしましたが
もう声は、大丈夫です。
温かなお言葉を届けて下さり
本当にありがとうございました。


しばらく、ワガママ勝手に
生きてみたいと思います。

気ままに…
ワガママに…
自分勝手に…

まずは、1日中スウィーツ食べ放題♪
ケーキでしょ!
シュークリームでしょ!
パフェでしょ!
パンケーキでしょ!
クレープでしょ!
お饅頭でしょ!
羊羹でしょ!
(¯―¯٥)…
吐き気しそう…

秋の海で物思いにふける…
静かな高原の木陰で
物思いにふける…
河原でキラキラ光る川面を見て
物思いにふける…
(¯―¯٥)…
そこまで動けない…

映画観て~
ゲームセンターで
散々遊ぶ…
(¯―¯٥)…
そんな経済的余裕はない…

ケセラセラー
なるように、なるんだそうです。


何かひとつでも
これから私の気ままな
ワガママ勝手な一歩の始まりです。


トップ画面に戻る

転院免れる…

2017.09.16 22:42|病気
ご心配をおかけしてます。
吐息の様な感じで声になりませんでしたが
少しあーあーと聞こえる様になりました。
普段の声には程遠いですが…
気長に待とうと思っています。

どんどん声が出なくなるので
水曜日に意を決して
耳鼻咽喉科に行って来ました。

鼻からカメラを入れて
声帯を調べてもらいましたが
腫れ、荒れ、ポリープもなく
正常に動いているとの事…

風邪だろうけど
先週の土曜日から
ずっと風邪の薬を処方して頂き
飲み続けてるのに
どんどん声が出ないとなると
大きな病院で一度検査が必要
と言われて…
行くなら主治医の居る安城へ
行きたいなぁと思っていました。

内科でも耳鼻咽喉科でも
風邪の同じ薬が処方されましたが
自分的には風邪症状はない!
鼻水も咳も熱もない…
何で急に声だけが
出なくなったのかなぁ…

ガラガラという感じではなく
息しか出てない感じでした。

お医者さんとしては…
風邪としか云えないんでしょう。
薬を処方するのに
理由が要りますからね。

とにかく声を出すな
というお達しでしたので
独り言も言えません。

TVを見て笑ってるのに
声になってなくて…

初めての経験でした。

鼻からカメラ…
怖かったですが
やっぱり目ん玉に針さしての
検査より楽だったかな、終わってみれば。

あとは日にち薬でしょうか。

たくさんの皆さんに
ご心配をおかけしてすみません。
そして、ありがとうございます(o_ _)o

食欲もあり、風邪症状もなく
元気ですので声がちゃんと
声として出るようになるまで
あと、しばらくのガマンです。



トップ画面に戻る

声が・・・(・_・、)

2017.09.11 16:03|病気
先週の水曜日の朝…
喉の違和感で目が覚めた(ρд-)
喉だか…喉の奥だか分からないけど
痛いような痛くないような…
(´-ω-`)ぅーーん…
熱も咳もなし。
たまに若干、鼻水が出るが
外から帰るとすぐ治まる…
風邪の引きかけかなぁ…
と放っておいた…

風邪だといけないから
人に会う時は一応マスクで
防御してたけど
咳もクシャミもなく
喉に違和感を感じてて…

がぁ・・・
金曜日の夜、突然声が出なくなった!
えっ…あれ?
何で急に?

土曜日の朝一で
即効性のある液体風邪薬を買って飲む…
土曜日の夜はガラガラじや困る!

アカーン!
風邪症状は無い。
身体もダルくないし
熱もないし…
喉の違和感だけで何とも無いけど
病院へ慌てて行ったら…
喉は赤くないし
扁桃腺も腫れてないとの事…
「喉頭炎」だって…
 
えっーーΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


点滴と吸入と大量の薬
それでも、まだ自分では
喉が潤えば声が出ると信じてまして…

だって今まで、どんなに声が涸れてても
少し喋ってると完璧ではなくても
ちゃんと出てたし喋れたのに…
今回だけは、ガラガラどころじゃなく
とにかく出ない…喋れない…

土曜日の夜…
おかげで多くの皆さんに
多大な迷惑とご心配を
おかけしてしまいました。

喉の奥というか…
胸というか…
食道の入口というか…
何とも云えない違和感で
咳が出そうな…出ないような…

猫が時々、自分の身体を舐めて
毛を飲み込んで吐くみたいな
ゲッというか…
ケンというか…
咽つくというか…

上手く説明できない咳と違うモノを
数分間、出さないと
喉の奥が苦しくて…

元々、ヨタヨタの病人ですが
普通に元気なのに声が出なくて
もっともっと重病人に見えてしまって…
ただ、ただ申し訳なくて
涙が止まりませんでした。

普段、独りきりなので
喋ってないし…
カラオケで3時間以上歌っても
声など涸れた事もないし
家では鼻歌しか歌えないし
そんなに喉を酷使した覚えはないのに。

身体中の筋力や
飛んだり走ったり…
普通に歩く事も動く事さえも
神様は奪っていったのに
声まで奪っていってしまうの?

未だに声が出ません…
全く出なくなってしまい…

(´Д`)ハァ…
飼い主に捕まってしまった
逃げた小鳥は…
夢みた大空を飛ぶ事は許されず
狭くて冷たい籠の中で
ピーピーと鳴きたくても
鳴けなくて…
羽根をバタバタさせてもがく…

弱った小鳥には耐えられないかも。

トップ画面に戻る

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

カテゴリ

管理人へのお手紙


最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

舞い落ちる雪