今すぐに・・・

2008.01.24 20:03|愛poem
どうしようもない寂しさに
押し潰されそうになりながら
小さな心を独りで抱きしめる

たまらなく心の扉の向こうから
聴こえるかすかな声は
キミを求めるボクの心の声

今すぐに冷えきったボクの心を抱きしめて
温めて欲しい

涙の雫がこぼれる前に
ボクを助けて
今すぐに・・・・

信じてる・・・

2008.01.23 21:51|愛poem
きっと大丈夫
安心してて大丈夫だから
一人で抱えて心細かったよね

ボクがキミを守るから
ボクがキミを支えるから

ホントは弱いのに
心が壊れてしまってるのに
強がって自己処理してしまうキミ

遠くから祈るだけで
何も出来ないボクだけど
キミの心の支えになりたいよ

そんな想いが伝わるだけで
強くなれそうな気がする
遠くから支えてくれてる事
いつまでも信じてるよ

私は・・・

2008.01.22 17:24|愛poem
また見ちゃった・・・
見なければ判らないのに・・・
一度、信頼が崩れると疑心に苛まれる。

自分に甘く、人に厳しく・・・
そんな人が大嫌い。

私は、自分に厳しい人間だから
人に甘えるのが下手なバカな人間だから
そういう人が信じられない・・・

いろんな人が、いろんな価値観を持っていて
だからこそ、この世の中は成り立っているんだけど
都合のいい時だけ、都合のいい様に使わないで・・・

そうだよ、私はバカでおひとよしだよ。
だから利用されるんだよね、誰にでもね・・・

なんだか・・・今朝から寒気がします。
先週からずっと調子悪いの引きずってて・・・
熱が出そうです。

あんなの見たら余計に・・・・

勇気がなくて・・・

2008.01.18 13:12|病気
奥歯を抜いて約一ヶ月。
昨日、ずっと予約をキャンセルしてた口腔外科に行って来ました。

親知らず含めて3本の臼歯がないので
インプラント術を受けるつもりでいたけど
その為の検査代が3万、人工歯根に45万、歯に10万。
インプラント術に関わる検診毎に3000円。
保険が効かない訳です。

インプラントにする為には、常に口の中が
清潔でなければいけなくて
歯肉炎を起こしている所の掃除を
徹底的にやっておかないと歯槽膿漏になってしまう。
そうなると、インプラント術はできないのです。

歯の神経に触る苦痛は、この世で一番嫌なもので
私にとって、とっても苦痛な時間です。

今、行っている口腔外科は
体の異変が起きた時に初めて行った総合病院。
そこから大学病院に紹介してもらったし
主治医の恩師である、大学病院の教授先生が
病院長を努める病院でもあります。

いろんな事で今の主治医との連携も取り易い事から
通っているわけです。
いまさら、病院を変える勇気はなく・・・

病院を変えれば、また一から私の病気の説明をしなくていけません。
メジャーな病気じゃないから、医師にもなかなか理解されず
ただの虫歯の治療だけなのに
個人病院で拒否をされ、差別的言葉を浴びせられた事があって
余計に病院を変える勇気がありません。

セカンドオピニオンも必要な場合もあるんでしょうけど・・・

きっと誰にも私の気持ちなど判らないんだろうなと
実感させられる出来事に哀しい想いが
心に重く残ってしまいました・・・・

先の事を考えるからこそ・・・
高額なお金を払うような事はあまりしたくない。
義歯では、きっと噛めないだろう・・・
歯を抜く前は、1本義歯を入れてたけど
やっぱり噛めなかったのだから・・・

私の気持ちも判って欲しいな・・・・
先生が悪いのでも、病院が悪いのでもないのに・・・
私がインプラント術に簡単に踏み切れない気持ち・・・

私の心の中は、誰にも見えないんだよね。


今、大切なコト・・・

2008.01.18 08:23|愛poem
もがき苦しむキミの心
まるで引きづられるように
ボクまで苦しくて・・・

深い海の底に
沈んでしまいそうなキミの手を
握ってるのが怖くて
逃げ出したくなってたボク

やっと気がついた

一緒に沈んでしまっても
一緒にもがいてしまっても
手のぬくもりが伝わる様に
握っててあげることが
一番なんだよね

ピエロ

2008.01.13 19:17|愛poem
キミはボクの気持ちを判ってない
自分の事でイッパイだよね

一番、判ってくれてると思ったキミが
一番、判ってなかったと気づいた時
ボクの中で何かが音を立てて崩れたよ

一番、大切な存在で
一番、近い存在だったはずなのに

ボクの哀しみは判らないんだね
道化師でいなきゃいけない哀しみ

そうだよ・・・
キミの前でのボクは偽りのボク

キミが悪いんじゃない
ボクがダメなんだよね

寂しい夜・・・

2008.01.12 23:07|愛poem
寂しい夜・・・
窓をつたう雨音も
木々を揺らす風の音も
全て哀しく聴こえてしまう

何故こんなにも虚しい気持ちに
なるんだろう・・・

寂しくて・・・
淋しくて・・・

自分の存在・・・

2008.01.11 08:54|愛poem
ボクって何なんだろう
キミにとってのボク・・・

ボクはどうしたらいいんだろう

教えてくれないかな
どうして欲しいのか
どうしたいのか

キミがボクを求めたらいつでも助けるよ
でもボクが助けを求めても
キミは振り向いてくれないよね

ずっとずっとずっと・・・
キミを助けたいと頑張ってた
いっぱいの笑顔をあげてた

だから堪えきれずに流した涙を
キミは知らないよね

気づいてくれなかったよね

ボクはキミが元気に前向いてくれたら
それでよかったけど

ボクだって涙流す時だってあるんだよ

たまには欲しいよ
ささやかな気持ちだけ

与えてばかりじゃ寂しいよ

キミにとってのボクの存在
教えてくれないかな

疑心・・・

2008.01.10 08:04|愛poem
いろんな不安や苦しみや辛さが
淋しさとなって怖くて仕方ない時

崩れて行きそうな自分の心が
どうしようもない葛藤の中にあっても
信じる事は大切・・・

まず自分を信じる事・・・
一番難しいけど信じていたい・・・
今の自分・・・

一緒、一緒だよ・・・
怖いよ、不安だよ
だけど信じていたい・・・
信じていようと自分に言い聞かせる・・・

寂しい思い出・・・

2008.01.09 09:45|愛poem
透き通った夜景
どこまでも続く水平線に映る月の道
儚い光がキラキラ輝く星
窓越しに一緒に見た風景

真っ青な空と深い深い青の海
砂浜に光った小さな貝殻
目に焼きつけた思い出
涙をこらえて笑顔で手を振った思い出

心の中がハッキリ見えるたびに
心が痛くて痛くて・・・
覚悟してた事が現実になりそうで・・・
これ以上、葛藤させたくなくて・・・
辛い想いをさせたくなくて・・・

ボクの存在はどうしても必要なモノなのか
かえって無くしてしまった方がいいんじゃないか

想いあればこそ望む相手への気持ち
期待する相手への気持ち

心が繋がってるという安心感さえあれば
それでよかったのに

愛しい時間が思い出として刻まれ
心の風となって吹き抜けて行くんだろうか

心の灯火

2008.01.07 11:59|愛poem
せっかく心に灯った灯火を
消してしまいそうな程冷たい風が
心に凍みて寒くて身動きできなくて
どうしようもなく淋しくて・・・

淋しいくせに一人になりたくて・・・

心の灯火はまぎれもなく
人から人へと繋がって
いつか凍った心を溶かしてくれるはず

”心へぬくもりをありがとう”

アナタのぬくもりを忘れない
絶対に忘れない

ホントの愛情・・・

2008.01.06 01:19|愛poem
ホントは言いたい事なのに
ホントは叫びたい想いなのに
つい抑えてしまうんだね

苦しい時に苦しいって
哀しい時には哀しいって言えばいいのに

言えば辛い想いをさせるかな
なんて我慢してしまうキミ

自分の気持ちだけ言えば良いから・・・
自分の想いだけを伝えれば良いから・・・

自分の目の前にある大きな石は
自分で退けて行かなきゃ・・・
それが重くてどうにもならない時は
声に出して助けを求めたら
ボクが助けるから・・・
でも全部、手は貸さない
できるだけ自分の力で退けて行くんだよ

それがボクの愛情

甘えておいで・・・

2008.01.04 15:37|愛poem
まるで森の中で迷子になったみたいに
わざと自分から森の中入ったみたいに
行く先が判らなくて
不安で怖くて哀しくて・・・

それでも助けを求めなかったキミ

助け求めたら困るんだろなとか
助けに来てもらうのって迷惑かなとか
そんな風に思ってしまうキミ

もっと困らせてくれていいのに
もっとわがまま言っていいのに
わがままと身勝手は違うのに

物事のひとつひとつ・・・
過程から全てにおいて
答えを出さなきゃって思ってしまうキミ
心の中までクリアにしないとって思うキミ

完璧にクリアになるはずがないよ
いろんな色が混ざり合ってて当たり前だよ
ゴミやホコリが溜まってても仕方ないよ
自分一人で掃除出来なきゃ、手伝ってあげるから
全て抱えておいでよ・・・

心の色は、今までの色が隠れるほどの色に
染めてあげるから
カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ