静を満喫する日

2014.09.21 16:08|日々の出来事
なんだか空気が秋っぽい…
こんな日は、何も音のない世界で
自然の音を聞きながら過ごしてみる…
空気が動く音まで聞こえてきそうに静かだ・・・
時折聞こえる電車の警笛や
運動会の賑わいも聞こえてきて
秋を実感する一時・・・

薄茶けた一冊の本を読み終えた…

小説や詩集のような創作本ではなく
実際に人が話した事をそのまま引用して
その言葉から答えを導いてくるような本…
『落ち目になるとそれぞれの自己主張が強く出てくるという事だ。
 良いときは、それが表に現れないが落ち目になってくると
 それぞれ心がすさんでくる為か
 他人に対する思いやりがなくなって
 自分のわがままを押し出してくる。
 そうするとエゴとエゴがぶつかって
 一緒に居られなくなる』


『意志の無いところに生命はない。
 意志の無いところに有益なエネルギーはない。
 意志の無いところにあるものは
 やみくもに放出される無益なエネルギーだけだ。』

 
・・・なんて書いてある…その通りだ。


一度は、スポットライトを 浴びた人が
その華やかな世界から消えて行ったのは何故か…
探るような本だけど、全てのコトに繋がるような気がした。

普通なら、さらーっと斜め読みしてしまいたい様な話で。
しかし、この本を持ってた人は何故この本を買い
何故、この話に興味を持ったのか…
という事こそに私は、興味が沸いてきて
シッカリ読んでしまった…

芸術的な事に限らず、生きていくなか全てにおいて
想像力と創造力が必要とされると思う。
それだけでは、何も魅力などないのかもしれない…
やっぱり、結局のところ絶対必要な所って
人への想いなんだなぁ…と。
人との関わりがうまくなされてないと
壊れるモノも多くて、早いのかなぁ…と。
そんな事が読み取れた。

地位や名誉や財産欲しさに
一攫千金狙ってやろうみたいに
人への思いやりや優しさや気遣いを忘れてると
最期の最後に思い知らされるのです…
『人』を残しておかなかった事への後悔と懺悔…
その時に気づいても既に遅しだ…

想像力と創造力の欠如こそ
人との繋がりを無くす第一歩である様にも思う…

人への想いを大事にしたい…
人との繋がりを大事にしたい…
自分があの世に旅立つ時に
たくさんの人の心の中に生きていられる自分でありたい…

私は、人が大好きだ!





Comment

>aquaさんへ

やっぱり台風の影響で雨ですねぇ。
少し肌寒いです…
写真は、台風が去った後に
たくさん撮りに行って下さいね♪

そうですよね…
お仕事に限らず、人が生きていく中で
いろんな事に余裕がなくなってくると
人間関係も、うまく行かなくなりますね。
いっぱいボタンの掛け違いができちゃってね…

どこかに人への思いやりを
置き忘れちゃって、自我ばかりだと
なんだか寂しいですよね。

私は、よく利用されたり騙されたりするけど
それでも、人との関わり合いが好きです。
『疲れ果て、傷ついた心は
 人によって癒される』

持ちつ持たれつ…金八先生じゃないけど
人という字は、人と人が支え合ってるから人なんだ!
その通りですねぇ。

こんにちは。

今日はとってもいいお天気です、明日から台風の影響で
お天気くづれるとのこと、お洗濯たくさんしてます。

お庭に写真撮りに行きたいです。

今日のお話、かってお仕事をしていた時のこと思い出して
読ませていただきましたよ。
会社が落ち目になるといろいろ文句や苦情が出てくるんだよね。
順調に推移していたら社員同士や対取引先などとも良好な
関係で少々のトラブルもスムーズに解消するんだよね。

そんな昔のこと思い出してました。

>人との繋がりを大事にしたい・・・
>私は、人が大好きだ!
ステキなことですね。 ありがとう。
非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ