あなたへ

2016.03.30 17:50|つぶやき
窓越しに見える薄ピンクの桜…
「今年の桜は、まだ満開じゃないね…」
虚ろな目で外を見ながら
「体がキツいでしょ?早く家に帰りなさい」

それが最期の言葉でしたね…

あの日が訪れなかったら…
楽しい事もいっぱい経験できたのに
あなたの嬉しそうな顔が見たかった…
話したい事もたくさんあった…

まるで桐箱に入った腐ったバナナだ。
ぼろ布に包まれた宝石であれ…
世間体ばかり気にして
人の目や評価ばかり気にして
一番大切な事を忘れてる…
人の心、想いを蔑ろにして
俺様が地球を回してる気分で
人の思いやりを無にする…
そして…死人に口無しを良いことに
亡き人の事を悪く言う…
相変わらずの自分勝手さに怒り爆発!
泣きながら怒鳴って声が涸れた…
産まれて初めて父親に怒りをぶつけました。
四十九日法要準備の時の出来事でした。

ひょっとしたら…と
あなたの携帯の電源を入れた…
あなたの声が聞こえてきそうで…

えっ…何で?
通話履歴もメールも全て消えてる…
あなたが意識を無くしてから
ずっと私が持っていたのに…
その時は、全て残っていたのに…
あの携帯の中には
辛く悲しく悔しい想いが
いっぱい詰まっていました。
実際、話しもしてくれていたよね…

何故、全て消えてしまってたのか…
きっと、もうこれ以上私を
泣かせたくなかったんだね…

墓石の「平成17年3月31日永眠」
を見つめながら時の流れを感じます。
母が亡くなって、もう11年・・・
あの時、まだ65歳…
入院して2ヶ月で逝ってしまいました。

今年は春の陽が暖かです。

あなたと暮らした家も無くなり
私は、父とは離れてアパート暮らし。
それでも独りを選んだ事に後悔してない…
心配しないでね…
私…幸せです。

夜桜、一緒に見に行きたかったね…
天国から見えますか?

明日31日の命日は静かに母を想います。


鮎さんの曲を聴きながらどうぞ
Are you







Comment

>内緒コメントを下さった方へ

ご無沙汰していました(o_ _)o

父はまだ77歳で元気ですよ。
幼い頃から、父にされた事は
目を瞑ってあげてもいいですが
今でも怖いんですよね…

母にしたことは許しません。

私にも無償の愛情を注いでくれる父親か欲しかったなぁ…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ