心のマッサージ

2017.03.09 19:07|つぶやき
最近世の中がザワめいて
なんだかなぁ…と考えさせられます。
便利になった代わりに
全てにおいて豊さを無くしてるなぁと。
便利と豊かを履き違えてるなぁと。

心の豊さを無くしたが故に
利権のもとに名誉や地位を
求め過ぎて余裕がなく
ギスギスした尖った心が
人を傷つけていく現実…
哀しいです、ホントに。

子供は褒めて育てよ!
人の良いところを見よ!

人に限らず動物は
怒られ、睨まれ…
叩かれ、蹴られしたら
心が育ちません。
褒められて怒る動物は居ません。
撫でられてて喜ばない動物は居ません。
人だってそうでしょう…

生きて居ると腹立たしく
辛く苦しい事にたくさん出会います。
その事柄に逐一イライラして
恨み辛みを溜めていっても
良いこと等一つもありません。
周りとの繋がりがどんどん途切れて
孤独になるばかりです。

しかし…人は動物と違って
感情を言葉にできる生き物なだけに
厄介です…

ムカつく事もあれば
怒鳴りたくなることもある…

少し冷静に人をよーく心の目で見る…
そして、怒りをぶつけるのではなく
逆に褒め言葉を探してみる…
言葉の使い方ひとつで
相手の気持ちや自分の気持ちも
違ってきますよね。

怒る事は、自分本位…
ただ感情をぶつけてるだけのこと。
相手を思うのなら
叱り諭す事が大事じゃないでしょうか。

人は聖人君子じゃありません。
だから自らを省みる事が必要なんです。
非や否に気づけない人には
何を言っても、何も伝わらない…
心が凝り固まってるのかも…
心のマッサージを早急に・・・

月曜日、久しぶりの通院で
安城までJRに乗りました。
先週、大きな事故があったその線路上を
何事もなく走っていく電車…

ふと思う…
あの時、私がこの電車に乗ってたら
衝撃で倒れて誰かに
迷惑かけてたかも?
それを思ったら、座席を譲って下さい
と自分から言った方がいいのかな…

そんな時、肩をポンポンと叩かれ
振り向くと70代前半の男性が
「どうぞ」と席を譲って下さった…
「ありがとうございます…(_ _)
 その荷物持ちますから」

「いいから、いいから」
「じゃあ、私の足元に置いて下さい」
「気にしなくていいから」
「スミマセンo(_ _*)o」
その男性が降りる時にもう一度
「ありがとうございました」
と声をかけると私の肩に手をおいて
「元気でねっ」

あったかい笑顔と言葉でした・・・

席を譲ってもらって当たり前じゃない
と申し訳ない気持ちと
感謝の気持ちが通じたのか…
尊い贈り物を戴けたのですね。
《ポカポカ…ポカポカ…》



トップ画面に戻る


Comment

非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ