終戦の今日は涙雨

2017.08.15 18:23|今日のひとこと
暑い陽気も小休止…
シトシトと雨が降る今日
72年前の8月15日…
玉音放送で終戦を告げられた。

戦争が終わった事を知らずに
その後も戦って
尊い命がたくさん失われた事を
TVで知りました。

樺太に居た部隊は
前日の大規模停電で
15日の玉音放送を
聞けて無かったのだそうです。

上層部は知ってたのに
樺太を死守せよ
と命令を下した。
十分な兵力も武器もない…
だから住民をも兵力として使い
幼い子供まで駆り出され
ソ連相手に力尽きていく…

あまりの過酷さに
服毒自殺をしたり
発狂しながら…
幼子を崖から突き落とす
女性たち…
それはまるで地獄絵図…
理不尽過ぎる。

あの時代を生き延び
今、生きている人達は
ごめんなさい…
申し訳ないと仰る。
広島、長崎で被爆した人も…
皆さん涙して仰る。

誰のせいでもないのに
誰も悪くないのに
ましてや、必死で生きた人が
謝る事など無いのに…

そんな姿を見ると
胸が締め付けられます。

今、私たちが当たり前に
何事もなく暮らせてるのは
若いたくさんの尊い命が
失われた悲しみの上に
成り立っているのだという事を
心して今を生きなきゃ
先人の方々にそれこそ申し訳ない。

でも…哀しいかな…人間とは
なんと愚かな生き物でしょう。

利権の為、名誉や地位や
保身ばかりで醜い争いを繰り返す。

アナタのその目は節穴か。
一体、どこを見てるのでしょう。
見てる先に人の想いや心を
感じているでしょうか。
アナタの前には
人の心があるでしょ?
まるで石ころのように
見るアナタの目は
やっぱり節穴です。


お腹が空いてたでしょう。
喉が渇いてたでしょう。
寒かったでしょう。
暑かったでしょう。
悲しくて苦しくて辛くて
痛くて痛くて痛くて…
せっかく生きられたのに
死にたくてしかたなかったでしょう。

あの時代を過ごした人を
想えば…
今を精一杯…
一生懸命、必死に…
生きなきゃダメですね。

生きないと…
そう…生きなきゃ。

今日のひとこと
悔いのないように生きる…
自分らしく生きるとは
何ものにも代え難い
最高の幸せです。



トップ画面に戻る


Comment

非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

カテゴリ

管理人へのお手紙


最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

舞い落ちる雪

ページトップへ