深い想い

2017.12.21 17:02|日々の出来事
今年を振り返ってみる…

2月、父が膵臓の検査入院。
5月、私の目が見えなくなり通院2ヶ月。
6月、私の足の指が膿んで腫れ通院1ヶ月。
未だに腫れがひかず痺れが残ってて…
7月、私の歯科治療で通院4ヶ月。
8月、父が脳梗塞で入院1ヶ月。
9月、私の声が出なくなり通院1ヶ月。
10月、父が脳出血で倒れて現在に至る。
病院、病院また病院の1年…
長い長い1年でした。

父が倒れて約2ヶ月半…
私にとっては、既に半年位経つ
そんな感覚を覚える刻です。

私を思って下さるのは
とても有り難く感謝もしますが
空気が読めない軽はずみな言葉が
実は重荷だったりします。
ただ、心に寄り添い
そっと心を撫でてくれる様な
穏やかな言葉に安らぎを感じます。

誰でも一度は経験があるでしょう。
何か分からない事があれば
何でも聞いてください
と言われた事。

聞けるという事は
今、初めて聞いた事を
その場で理解してこそ
質問できる訳で分からないから
分からない事など言えない…

言われた事、聞いた事すべてを
受け止め過ぎてパニックになる
だって分からない事だらけだから…

自分の事でさえ決断した事を
これで良かったのか?と
迷う時だってあるのに
ましてや、親子とは云え
別人格の人間の命に関わること
悩み考え決断する事は
やっぱり辛いです。

そんな時…
現役ナースのお知り合いから
優しくて広くて温かくて…そして
深い深い言葉を頂いて号泣しました。
まさしく心にそっと寄り添って下さった。
心の底から
「ありがとうございました」

父は、希望してた病院に
先週、転院して…
今週、鼻からのチューブを外し
点滴のみになりました。

ずっと続いてた熱のせいで
転院できなかった訳ですが
転院してすぐに誤嚥性肺炎が原因の
熱だと聞いて、やっぱり…と思いながら
鼻からのチューブを外したら
熱が上がる事は無くなる様にと
祈るばかりです。

今年は、病気に始まり病気に終わりました。
そんな中においても、常に気にかけて
電話をくれたり、甘い物やイタリアンを食べに
付き合ってくれたり…
カラオケに付き合ってくれたり…
取り留めのない話を聞いてくれたり…
食欲が出そうな美味しい差し入れを
持ってきてくれたりと…
たくさんの人の思いやりに
支えられて、私は幸せ者でした。

何かと忙しい時期に突入しました。
ここをご覧の皆さん…
どうかお身体を大切にお過ごし下さい。
poem


トップ画面に戻る


Comment

非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

カテゴリ

管理人へのお手紙


最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

舞い落ちる雪

ページトップへ