月命日

2018.03.09 09:53|日々の出来事
1ヶ月前の今日9日
父が旅立ちました。
もう1ヶ月…早いものです。

喪主って本当に大変…
あれもこれも…
手続き関係はもちろん
問い合わせ、確認事項…
いろんな方々への気遣いなどで
心が非常にお疲れです…

今まで参列した葬儀の喪主さんは
全て男性でした。
女性より冷静に
対処できるからなんだろうな
と身をもって感じてます。

女性は…
感情で動いてしまう生き物で
冷静さを失う事が多いです。
女性は…というより
私は、と言った方が
良いかもしれませんが…

感情的にならない様…
冷静に冷静にと
真逆な心を無理に支配してるから
本当に心がキツイです。

それだけならまだしも…
人間80年も生きて居れば
いろんな事があり
いろんな人生があり
娘の私には分からない事
知らなかった事が山ほどあるのは
当たり前なのに…
父亡き後になって
初めて知らされる現実に
翻弄されて途方に暮れています。

知らなくていい事を
知ってしまうショックと衝撃に
一喜一憂してしまい
誰かに八つ当たりしたい衝動に
駆られてしまう自分が
情けなくて仕方ないです…

皆さんは大切なモノ
大事なモノは
どこに置いてるでしょう。

亡き父は寝室…
特にベット周りには
隠す様に置いてありました。

こんな事が無ければ
知らずに済んだであろう
トンでもない物が
寝室から出てきて
一人でアタフタし…
もぉ…嫌だと何もかも
放り出したい気分です。

それでも…
やらねばならないと
私にしかできないのだと
自分に言い聞かせ
動かぬ体にムチ打って
尽くします。

絵を描く事が大好きな父でした。
写真を撮るのが大好きな父でした。
その為にあちこち旅行に行き
十分、楽しんだ人生だったと
思います。

そういう写真ではなく
枕元の小引き出しに
私の赤ちゃん時代の写真
歩き出した頃の写真
幼稚園時代の写真
幼い私の写真3枚を
アルバムから剥がして
ファイルに入れて
しまってありました。
妹の写真は1枚も無いのに…

幼い頃から私には厳しく
怖かった父は
私への歪んだ愛情を
持て余していたのでしょうか…

さすがにカメラは無理なので
天国に行っても絵が描ける様にと
棺の中にスケッチブックと筆と
数点の作品を入れてあげました。

命日の今日、父が描いた絵を…
どこかで見てるかな?
大きい作品は畳半畳ほどあります。


[父が描いた絵]










トップ画面に戻る

Comment

非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

カテゴリ

管理人へのお手紙


最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

舞い落ちる雪

ページトップへ