一周忌そして負傷

2019.02.11 20:03|日々の出来事
月日が経つのは早いものです。
父の一周忌を終え、父の事に関しては
一区切りつきホッとしてます。

昨年、父が亡くなる2日前から
スピリチュアルな現象…?
俗に言うラップ音とやら?
玄関に向かう廊下方向から
バンバン、バン
パン、パンパンと夜の間鳴ってて
2日間眠れなかった。

家がきしむ音とはちょっと違う
何とも表現し難い音でした。

今はたまーに、きしむと云うより
バキーンって凄い音がして
ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
このアパート倒れない?
って音はしますが…

私は非科学的な事は
あまり信じていません。
もちろん霊感とかも一切ありません。
でも、あの時だけは信じてしまいました。
そろそろ天に召される時が来たと
教えてるのかなぁって。

通夜まで、葬儀場の安置室で
冷たくなった父と並んで横になりながら
いろんな人の声を聞きました。
親戚の人が泊まりに来てくれた?
と何度もドアを開けて
暗い玄関ホールを覗きましたが
誰も居る筈がなく…
しばらくすると、また数人で何かを
話してる声を聞く…
きっとここに安置された人の
声なんだろうな…って
怖くもなく朝まで起きてた事を
思い出します。

この1年いろんな事があり
心身共に忙しい日々で
自分を労ってやる余裕がありませんでした。

一周忌を迎えたその日…
久しぶりにあのラップ音が
ずっと鳴っていました。

お前なぁ…
もうエエぞ、休め…

と言っているかの様に・・・

案の定…
背後に大転びしてお尻を強打!
とっさに付いた手も負傷…
骨に異常がありません様にと
願うばかりです┐(´∀`)┌ヤレヤレ


トップ画面に戻る


Comment

>ヤスケさんへ

続けてご両親を亡くされたんですか…
大変だったでしょうね。

母は14年前に亡くなってるので、私が喪主を務めたんですけど
本当に大変で去年の今頃は、ヘトヘト抜け殻状態でした。
亡くなった人をいつまでも想い、事あるごとに思い出してあげる事が
何よりの供養かな〜と思ってますよ。

奥様の介護…する方もされる方も複雑な想いでしょうね…
奥様は介護してもらって申し訳ない、ありがとうと思いながら
過ごしておられると思います。
ヤスケさんも、ご自分の身体を労わりながら
どうか倒れない様にして下さいね。

区切りの時

一周忌を過ぎたら 区切りをつけるってのは良いですよ 自分も両親が続いて亡くなり あの時 あれやっておけば良かったとか もっと考えてやれば良かったとか 今でも 思うことがありますが もう 何もしてあげれないのが現実で
一周忌を過ぎてからは ちゃんとお墓参りをして色々と報告などしています 姿形は見えないけど そうするだけでも心の整理もできるし ちゃんよ自分が幸せだよ って両親を安心させてあげるのがいいのかなって思ってます

最近は自分も身体の自由が効かないようになり しかも かみさんが介護が必要な状況になり四苦八苦しながらも自分たちの幸せを考え前向きで生活していますよ😅
非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリ

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ