寂しい思い出・・・

2008.01.09 09:45|愛poem
透き通った夜景
どこまでも続く水平線に映る月の道
儚い光がキラキラ輝く星
窓越しに一緒に見た風景

真っ青な空と深い深い青の海
砂浜に光った小さな貝殻
目に焼きつけた思い出
涙をこらえて笑顔で手を振った思い出

心の中がハッキリ見えるたびに
心が痛くて痛くて・・・
覚悟してた事が現実になりそうで・・・
これ以上、葛藤させたくなくて・・・
辛い想いをさせたくなくて・・・

ボクの存在はどうしても必要なモノなのか
かえって無くしてしまった方がいいんじゃないか

想いあればこそ望む相手への気持ち
期待する相手への気持ち

心が繋がってるという安心感さえあれば
それでよかったのに

愛しい時間が思い出として刻まれ
心の風となって吹き抜けて行くんだろうか

Comment

非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ