Live報告♪

2010.11.08 23:28|音楽
日曜日は、毎月恒例のLiveに出演してきました。

前回、納得行かなかったギター演奏。
もう一度頑張ろうと、あえてニガテなピック弾きに再挑戦。
前回は、独りの演奏で拙さがありありと見えて
情けないものがあり、今回は村雨師匠にサポートをお願いして
何とかギター演奏は、行けたかな~という感じでした。

ギター演奏は、2曲だけに留めて
とにかくピック弾きの練習をやってきました。
やっぱりギターは、ストロークが基本だな~と
前回、実感したワケです。

簡単だと思われるストロークは、意外に深いモノがあり
ジャンジャンと弾いてるだけでは、何も伝わらない・・・
曲調に併せて、微妙にストロークに色をつける。
コレがまず出来なきゃ、ギターが持つ本来の音が
出せないな~と思っています。

ホント・・ストロークは難しいです。
しばらくは、頑張ってストロークの曲を
ピック弾きで練習ししょうかな~と思っています。
11.07b
今回は、師匠のキーボードに助けて頂きました。
ギターコードのみのコード弾き・・・
これが出来る人を、私は尊敬してしまいます。
まるで、楽譜があるかのように鍵盤を
ギターコードのみで弾きこなしてしまう。

やっぱ、師匠は師匠です。

今回のエントリー曲。
ギター演奏
1.花嫁
2.あの鐘を鳴らすのはあなた
ショルキー演奏
3.だんご3兄弟
4.ピエロ
5.恋のバカンス
6.花と小父さん

11.07a
(この期に及んで、切なく独りで練習する私・・・)

喉がなかなか開かなくて、声が全然出ませんでした。
マイクを前にすると、喉がしまってしまう・・・
ショルキー演奏もミスタッチが多く
歌も全部、ボロボロでございました^^;

*写真はmonkさん撮影:絵になりますねぇ、温かい写真たちです☆

Comment

>村雨師匠へ

日曜日は、ステキなサポートをありがとうございました♪

またもや、急遽のキー変更に
ササッと出来てしまうところは、さすがとしか
言いようがありません。
しかも、Cのコード譜見ながらですから・・・
普通だったら、こんがらがってしまう所ですよね。

私も、たまにショルキーでコードを替えて弾く時ありますが
こんがらがってしまいます(^^ゞ
今回の曲がそうでした^^;

ショルキーで、最初につまづくと・・・
もう、頭が真っ白になってしまって
テンポ変更せずに弾いてたんですよ^^;
終わってから、気づいて・・・
遅かりしでしたが(笑)

だんご3兄弟、タンゴのリズムにのって
「タンゴ3兄弟」ってMCでウケを狙ったんですが
喋り忘れました・・・・(笑)
やっぱ、緊張してたようです。

また、ヨロシクお願いしますね^^

>mu_15さんへ

前にやった曲を引っ張り出してきてやってるんですよ^^
ショルキー演奏での独奏は、確かに自分の思う様にできるのですが
リズムの種類があまりなくて、テンポを変えたり
ショルキーに合わせての選曲になり、やっぱり思う様には
出来てないのが現実かもしれません。

緊張してないようで、緊張してるのかな?
家で歌ってる時は、ちゃーんと声が出るのに
マイクを前にしてしまうと、やっぱり喉が開かなくて・・・
発声が悪いんだと思うのですが。

前回も、イマイチだったのに
今回は、もっと残念なことになってしまったのが
ちょっと切ないですねぇ(^^ゞ

ヘタなんですけど、また動画をアップしますので
見てやって下さいね^^

いつも、アドバイスをありがとうございます♪

>あいちゃんへ

ほとんど喋りで盛り上げてるだけで^^;
せめて、歌声で盛り上げてみたいものです。

私のペースで、へタながらもやり続ける事で
進歩があるのかな~とおもってますが・・・^^;

kitaさん所の映像、DLしましたよ~
やっぱイイですねぇ~
何度も聴いてました♪

お疲れ様でした

日曜日はライヴお疲れさまでした。
おほめいただき、
重たい、古いヤマハのDX-7を持って行った甲斐があったようです。(笑)
キーが”C”の資料見ながら”D”で演奏する・・・なんて久しぶりでしたが、
混乱するようなコードが混じってなくてヤレヤレでしたよ~(汗)
ギターストロークは慣れるしかないと思います。
どんどん人前で演奏してください。
ショルキーは鍵盤が小さいので、
頻繁にコードチェンジする曲は不向きです。
今回の選曲はその点では間違ってなかったと思います。
だんご三兄弟は特によかったと思います。
リズムが「タンゴ」だったですしね・・・
”タンゴ三兄弟”ってね!
またご一緒しましょう~

6曲もやったのね。
よく頑張って、レパートリー増えてきてますねぇ。

ふと思ったことを書いてみます。
ご参考までにどうぞ。

独奏は、自分の間合いで自由に演奏できますが、複数で演奏する場合は、互いの意気をあわせてできあがるもので、違ういみで独奏よりむずかしいものだと思います。

また、1曲通して伴奏するより、少々アカペラ部をつくったり、コーラス部をつくるとメリハリがでて、聴き映えがしてくるでしょう。
他の楽器にしても同様だと思います。

助けてもらうというけんきょな気持ちは大切ですが、そう思っていては声も出にくいものではないでしょうか。
リードは、バックを引っ張っていくことが大切ですね。
バックは、リードがいきるように、そえる程度でいいのかもしれません。
例えば、バイオリンのピアノ伴奏曲のクラシック音楽でも伴奏のピアノが出しゃばり、主役のバイオリンとケンカしてしまっているような演奏のCDに出くわすときがよくあります。
中には、そのバトルがイイという方もいるかもしれませんが、そういう演奏を聞き苦しく感じると思います。

なんだか、しぃさんの演奏の話しと違う話になってしまいました、ごめんなさい。

前にも書いていましたが、何事もバランスが大切ですね。

「どんどんステージ度胸も
出てきて・・・MCなんて
完全にしぃさんペースですよ。 ~」
そんなコメント頂いてますので、良いできだったのでしょう。

また、今回のライブ動画を楽しみにお待ちしております。

中々ど~して

どんどんステージ度胸も
出てきて・・・MCなんて
完全にしぃさんペースですよ。

私も最初の1年はボロボロになって
歌ってましたから~

そういえば キタさんのHPに
バックローガンズの映像が
落ちてます。
良かったらDLしてやってください。
非公開コメント

カウンター

しぃの部屋

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

お知らせ

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ