心して見て下さい

2016.07.27 18:48|つぶやき
想いがすごく偏っていて
言葉が悪いので、気分を害するかもしれません。
まず初めにお詫びを申し上げておきます。


また哀しい事件が起きた…
無抵抗な弱者に牙を向いた…

19人もの尊い命を
卑怯なやり方と
卑怯な言い分で奪った…

なんという世の中でしょう…
「障害者」「健常者」と 
区別する世の中が生んだ
悪夢だと思えてなりません。

言葉は悪いけど…
テメーに人生決めてもらわなくても
いいんだよ、バカたれー!
この社会の中で小さくなって
スイマセン…申し訳ない…
と思いながら生きてるんだよ!
安楽死が認められてたらするわ!
周りに迷惑かけて
生きてるなんて誰だって嫌だわ!

と怒れる私たちは
まだ有り難い方だと思う…
今回、亡くなった方達の多くは
そういう事さえも思えない人が多く…
さぞ、辛かっただろうなと思うと
心が痛く、他人事と思えず…(ノ_・。)

心からお悔やみ申し上げます。

「障害者」だから『かわいそう』?
難病だから『かわいそう』?
ナニが、かわいそうですか?
勝手に決めないで下さい。
幸せって人それぞれで…
誰かに与えられるものでもなし…
こんな身体だけどシアワセだと
思う事ってダメですか?

「障害者」「健常者」と区別をして
レッテルを張って
嘘っぱちの思いやりをしたつもりで
自己満足してる方が、私から言わせれば
よっぽど『かわいそう』ですけどね…

誰もスキでこんな身体に
なった訳じゃない…
それなのに… 心無い言葉の数々…
差別や嫌がらせ…
抵抗する力が無いのを分かってて
襲いかかられる怖ろしさ…
いっぱい味わってきました…

だからこそ、余計にこの事件が
哀しくて…辛くて…悔しくて…

障害者、障害者って言うなよ!
その障害者を利用するなよ!

もっとこの世の中を良くしたければ
無抵抗な弱者を利用しないで
もっと傲慢無礼な人たちを
利用すれば?できないでしょう?
身勝手な自己満足に陶酔してる
負け犬だからです。

私たちにだって心はあります。
世で云う所の『健常者』の
心より、もっとピュアで美しいと思う。
誰かを利用しようなんて
微塵も考えつかないから…
小さな親切、大きなお世話なんて
絶対にしないから…

最後にひとこと…
「障害」ではありません!
「個性」です!


「障害者」「健常者」と言う
この社会が「障害」そのものです!


ホント…私たちにとっては
生きづらい社会になってしまい
実に嘆かわしい…

辛すぎて…つい…
言葉使いが悪くてすみませんo(_ _*)o







しがらみだらけ…

2016.07.22 18:14|つぶやき
よーく考えてみよう…

右から左に
全て受け流してきた結果が
今の現実です。
あまりに正論で斬られると
自分のしてきた事を
正当化したくなるんですね…

大人は、嘘つきです。
建て前を上手く操り
社会という綱渡りを
しなければならないから
大人としては
当たり前の姿でしょう。

だから、普段抑圧されたモノや
ストレスを何かのツールで解き放たれた時
その人の本性が全て見えるのです。

人を見て、人に順位をつけて
長いモノに巻かれて
上手に生きる事が
本当の社会人かもしれません。

私は、全ての事柄が
それで善とは思えませんが…
だからといって
自分が正とも思いません。

組織というのは
哀しくも恐ろしいと
つくづく思う…

都知事問題を含む
都知事選然り…
政治的関与のような
某国のドーピング然り…

しがらみが無い世界って
ないんですね… 

そして、正直者がバカを見る…

(。・o・。)ノハーイ、バカで~す♪









回想

2016.07.14 18:25|つぶやき
ここから消えてしまえたら
どんなに楽だろうと思う自分を
もう一人の自分が励ましてる姿が
見えてしまうのもイヤな本当の自分…

何故イヤなのか…
その訳も、何となく分かってる…

何を誰にどう話しても
理解などしてもらえないから
言わないって、殻に閉じこもる…

少し疲れたな・・・

そんな時は、大好きなピアノの音色を聴いてみる…
鮎さんのピアノが一番スキ(* vv)☆
切ないメロディーの中に
優しさと温かさがいっぱいです。
今、一番お気に入りの 
『short story』
大事に大事に心を撫でてくれます。
PVの中に流れてる言葉を見ると
涙が零れてきます…
涙と一緒に心に溜まったゴミを
洗い流してるのでしょうね…

ここにピアノが無いのが残念です…
もう、ピアノ鍵盤を弾く力も
ペダルを踏む力も無いのが残念です…
何ひとつ…
まともにできなくなった自分が
残念です…

聞きながら頭の中のピアノで弾いて 
遠い昔を思い出す…

そんなに長くない私の自由…
特別な自由など求めてない…
ただ当たり前に…
ただ普通に居たい だけなのに…
ささやかな願いも
許されないなんて…

言葉にすれば短い物語…
でも…長い長い複雑な想いの
長い長い物語…

悪い事ばかりじゃなった…
悲しい事ばかりじゃなった…
イヤな事があっても
いつか良い事があると信じて…
『short story』に癒やされる日々。

『short story』
鮎さん作/ピアノ演奏:鮎さん

鮎さんHP Are you







ナンテ日だっ!

2016.06.29 10:24|つぶやき
すごーくお久しぶりの友達から
昨日、ランチのお誘いを頂き
まぁ…喋る、笑う、喋る、笑うヾ(≧∇≦*)〃
そして泣く…相変わらずな私です。

とある場所を通って私を思い出し
ある曲を聴いたら、余計に会いたくなった…と。
お互い、どうしてるかなぁ…
と気にしながらも、なかなか連絡できずに居たので
凄く嬉しくて、溜まってた話を
いっぱい話してきました。

帰ってきて、暫くしたら
これまた1年半ぶり位に三河の友達から
電話がかかってきて…
ずっと定期的に生存確認の電話をくれてたのに
急に何も無くなってしまって…
連絡してみたら胆石の手術をして
大変だったって聞いてから
あれから、どうしてるかなぁ…なんて
思ってたので、またまた喋る喋る。 
夕方まで喋りっ放しヾ(≧∇≦*)〃
『ナンテ日だっ!』

さてと…ポチっと点けたTVから 
ドキュメンタリーが流れてきました。

肝臓に2キロもの癌が見つかり
10回の手術をしたのに
全身、癌に犯されて余命半年を 
宣告された女性のお話でした。

「癌になったら不幸せって
 誰が決められるんでしょうか。 
 私は、とても幸せです」
笑顔で発したその言葉に
涙が止まらなくなりました。

同情じゃなくて共感の涙でした。
だって、ついこの前音楽仲間さん達の前で
堂々と「私、今が一番シアワセ~♪」
って言ったばかりだったから…

私は、余命を宣告された訳ではありません。
手術も無ければ、治療もありません。
でも、なんだか自分を見ている様で
泣けて泣けて…

その彼女…入院中もずっと笑ってて
ずっと前向きに頑張ってて
新薬の治験に望んだり…
でも、治験は効果が無ければ
途中で打ち切りになるんです。
試した新薬でも癌が大きくなって
大きな期待が崩されてしまって…

あぁ…私と同じだ…
私もそうでした…
新薬のモルモットをしたけど
副作用で身体が弱る姿に
主治医から、途中で打ち切りを言われ
突き放された様な想いになったけど
笑ってるしかなかった。
「あなたの明るさに救われます」
と先生達に言われてしまいました(^^ゞ

入院中でも、看護士さんに甘えられず
看護士さんに
「もう、十分頑張ったでしょう?
 これ以上頑張らないで
 もっと甘えてください」
って言われたっけなぁ…って。

彼女は、癌になってから
誰かの 役に立ちたいと思うのを
辞めたそうです。
誰かに必要とされる事は有り難いし
それに自分の価値観を見いだす時もあったけど
それって本当に自分の為になるんだろうか…
自分が今、やりたい事楽しい事を
何でも挑戦していく事が
本当は大切なんだと思い直して
だから、日々笑顔で生きて居られると…
そこまで思える様になったのは
想像を絶する地獄を見たからでしょうね…

私も、苦しさ…悲しさ…辛さ…
痛さや恥ずかしさ悔しさや
あらゆる感情を味わったら 
後は持ち前の明るさしかなくなっていました。

友達から、また入院してたって聞いたけど
元気じゃん!病人に見えんよねぇ…
私だったら、そんな風にして居られんわ。
とよく言われていましたが…
もう笑うしかないでしょ~
そんな状況なので、私もこれからは
自分の為に生きようと思います!

毎年、この時期になると
鮎さんの『雨音』が聞きたくなります。
数年前、Kn&鮎verの雨音を 
耳コピでカバーさせてもらったなぁと。
この歌詞の中にある言葉みたいに
できたらいいなぁと…
鮎さんの曲は、切なくて優しい…
だから、大好きです。
『Its raining my tears will be rain
 直ぐにでも会いたい…
 溢れ出すこの想い
 受け止めて欲しくて~』

「雨音」By 鮎さんver


鮎さんHP Are you

さーて、今日は1日中寝倒すヾ(≧∇≦*)〃

『ナンテ日だっ!』




しつけ

2016.06.27 16:26|つぶやき
日曜日の昨日、外がやけに騒がしい夕方…
数人の小学生が走り回り騒いでいました。
・・・といきなりドドーン!ガガガン!バァーーン!
物凄い音がして…(* 〇□〇)……!ナニ??
数件の部屋が一斉に南側の網戸を開ける。
大きな物が上から落ちてきた様な音に
ビックリして、私もベランダへ出てみました。

うちは東角で…すぐそこに4人の小学生が居て
「あっ…お騒がせしてうるさかったですか?」
ってやけに大人びた喋りをする小3位の子…

いや、違うのよねぇ…
小学生が居るのは分かってたから
物凄い物音で誰かケガする様な事は無かったか
心配で覗いたんだよねぇ…

「今、凄い音がしたけど何か落ちてきたとか
 何かぶつけ たりして誰かケガしてない?」

「ううん~」って首を振る子供たち…
駐車場の対角線、反対側にも4人の小学生たち…

「あのねぇ、じゃあ今の音は何なの?
 そこに居たから分かるよねぇ」

「えっとぉ…たぶんここをバーンと叩いたから」

ま、ケガしてなきゃあいいんだけど…
以前から、この子達が駐車場内の
車の間でかくれんぼしたり
自転車で車の間を走り回ったりしてたので
3度ほど注意してたんです。

また同じ事を注意する私…
「ここは駐車場で遊ぶ所じゃあないよ。
 ここで遊ぶと危ないからね。
 急に車が入ってくる事もあるしね。
 すぐそこに公園があるでしょう?
 駐車場で遊んではいけません!
 公園で遊びましょう」

と言ったら、クロックスだから公園で遊べないって…
( ゚д゚)ハッ!ナンデ?

「だって、クロックスの穴から砂が入って
 汚れるから~」
ですって┐(´-`)┌

あっ…そうなんだ…
とにかく、ケガする前に…
ここでは遊ばない様にしようね…

苦笑…失笑…
呆れて言葉を失いました┐(´-`)┌
親が言うんだね、汚すなってね…

なんだか…見て見ぬふりする 大人も
どうなのかなぁと思うし…
当たり前のモラルやルールは
家庭内でしつけるべきだと思うし…
しつけ「躾」…
身を美しくと書いて字の如く…
身を汚さない様に綺麗に!と
モラルやルールを教えないで
小言を言うのは、躾ではいと思う…

子供たちを周りの大人達で見守る事も
時には必要なのに、注意すると
親が逆ギレしてくるそうだ…

今朝ニュースでやってました。
当たり前の事に、注意を促す貼り紙を
せざるを得ない世の中だと。
ある神社の石灯籠に子供が登るので
貼り紙をして柵までつけたと…。
子供さんの 為に注意すると
その親が逆ギレしてくるからと
神社の人が言っていました。

今の世の中おかしくない?

『子供を叱るのは親の責任。
 他人に叱られるのは親の不行き届き。
 叱って頂いたら逆ギレするのではなく
 「ありがとうございます」です』

ある神社の入口にこんな立て札があるそうです。

私は、クソババァと言われても 
いけない事はいけない!と
注意し続けますよ。

子供の姿から親が透けて見えてきます…

アパートの住人である子が2人居ますが…
あぁ…あそこの子の所へ
遊びに集まった子たちね…
やっぱり・・・

いつか逆ギレされるんだろうか…

家庭の在り方…
親子の在り方…
人の想い方…
あらゆる事の方向が
違う方を向いてる様に思えて…
寂しい世の中になってしまったなぁ…
とつくづく考えさせられました(゚-゚)ぅーん






いかがなものか(・・?

2016.06.10 15:46|つぶやき
つくづく思う…
有名人は大変だなぁと。

以前から何度も言ってる様に
表現の自由という傘の下にいたら
何でも晒してしまっていいの?
そっとしておくべき事もあるのでは? 

良くも悪くも人というのは
隠しておきたい…
言いたくない事柄があって当たり前で…
それを言った所で理解されるか?
といえば、理解されるはずもなく…
致し方なく言わざるを得ない状況に陥った人の
気持ちを考えると辛くて仕方ないです。

言ったら、どうにかなりますか?
言ったら、誰かが代わってあげられますか? 
言ったら、何かしてあげられますか?
何もできないでしょう?
 
お仕事だから仕方ないかもしれないけど
愚問に次ぐ愚問…
もう少し考えて聞けば?┐(´-`)┌

私にだって言いたくない事や
知られたくない事があります。

心のドアをいきなりこじ開けて
バタバタと入ってくるような人は
自分から引いてしまいます。

一度くらい、心のドアをノックする位の
心遣いは欲しいかなぁ…って。
そういう事ができない人とは
避ける事でしか
自分を守る事はできませんから。

私は、ただの一般人で良かった…

表現の自由も、事と場合によっては
規制する方がいいように思うのは
私だけでしょうか…

同じ女性ならみんな思う…
命をかけて産んだ宝物に
寂しい想いや辛い想いをさせる事…
我が力で十分な世話ができない事の
もどかしさ や悲しさ…
もう、静かにしておいてあげて欲しい!

「違法では無いが不適切」 




深く考えさせられて

2016.05.29 19:20|つぶやき
映画で観たかった「ソロモンの偽証」
先日TVでやっていたのを録画しておいて
やっと全編見終わりました。

何故だか涙がポロポロ…
悲しい訳でも何でも無いのに…

何かを考えさせられ
観た人、それぞれに想い方が違う様な
ストーリーが大好きです。
そんな作品に出会うと
二度、三度と映画を観に行ってた
遠い昔を思い出していました。

お恥ずかしながら…
宮部みゆきさんの小説を読んだ事は無く…
ペテロの葬列をTVドラマで観て
初めて知った小説家さんでした。

元々、私はあまり小説を読むのが
好きではなくて(^^ゞ
自分で描いたりはするのに…
買ってきて、帯だけ読んで
冒頭とラストだけ読んで妄想するという
横着者ですm(._.)m

でも、宮部みゆきさんのお話は
実に興味深く…読んでみたくなりました。

「ソロモンの偽証」も「ペテロの葬列」も 
いろんな事柄を問いかけてる様な話で
深いなぁ…と凄く考えさせられました。

人は誰でも多かれ少なかれ
何かしら抱えて生きているモノ…
必ずしも自分の事とは限らず
家族や親戚の事かもしれない…
その抱えているモノでのストレスを
解消しながら、生きていきたい…
そう思うのも当然で…
だから、なるべく気分悪くなる様な事柄を
避けてしまいたいのも現実…

仕事なら致し方ない。
報酬を頂くためにやっているのだから
ある程度の我慢は必要ですね。

性分なんでしょうけど…
自分の事なら心で泣いて独りで耐えて
自己処理できるのだけど
人が関わる何かに対して
いろいろと考え込んでしまって
気がつくと、すごく疲れてる自分がいます。 

Aが、Bに対してした事や言った事
そんな事を見たり聞いたりして 
Bが困っているとしましょう…
すると…居ても立っても居られず
例えば会社であれば上司…
男性であろうが年上であろうが…
例えば社会の中であれば
警官であろうが先生であろうが… 
Bの為なら、必死に守ろうとしてしまう
良いような、悪いような私です…

変な正義感が時に自分を苦しめます…
私が男性に産まれていたら
顔はおいといて…
ものすごく男前な人間だっただろうな
って胸を張って言えるかもしれません。

でも、それは必ずしも良いことではない。
Bの為にと思ったつもりでも
時には、Bに余計な気遣いや
却って辛い想いを
させてしまう場合もあるのです。
 
肝心なAみたいな人は
何度も同じ事を繰り返します。

人が言うことを聞いて居ないか 
聞いてても右から左へ忘れてしまうか
最初から全く聞く耳を持っていないか…
いづれかでしょうね…

そんなAに対して
例えBの為だからといって
諭したりして、Bの為にならないかも? 
などと自分を苦しめる必要なんてないな… 
と…この歳になって思える様になりました。

人は独りでは生きて居ません。
常に誰かと関わりながら生きています。
だから傷つく事もあれば
傷つける事もある…
傷つけたつもりは無くても
傷ついた事は深く心に刻まれて
忘れる事はできないかもしれない…

いつもいつもお互い様なんですよね。
傷つきたくなければ
人との関わりを絶てばいい…

でも…人との繋がりが途絶えたら
きっと生きていけないと思うのです。

人との繋がり…
人への想い方…
自分の労り方…
人を許す事…
そして何より自分を許す事…
この「ソロモンの偽証」から
更に学ばせて頂けました…


[フリー素材 ふわりふわり]



心に残る名言

2016.04.11 20:31|つぶやき
前ウルグアイ大統領ムヒカ氏が来日されましたね。
世界一貧しい大統領と言われてますが
貧しいのではなく、慎ましやかと言った方が
良いように思います。
大統領時代の給料の9割を
寄付していたそうです。

NAVERまとめ

日本には、そんな政治家居ないですね…

一番、心に響いた言葉…
『貧しい人とは、少ししか物を
 を持っていない人ではなく
 欲がありもっともっとと
 いくら物があっても
 満足しない人のことだ』


人間とは愚かなモノで…
欲を追いかけだしたら
キリがありません。

あれもコレも欲しい…
二兎追うものは一兎も得ずです。
結局、満足できないでしょう。

欲の為には、利益を得なければなりません。
利益だけに心が向いてると
何かを失っていくのに…
気づかず居る人間の愚かさたるや…
心に豊かさを無くした成れの果てです。

お金も家も物も無いけど
私だけに愛情を注いでくれる人も居ないけど
大事な人という宝物に
たくさんの愛情を注げる事は
幸せな事なんだなぁと実感します。
決して貧しい訳ではないんだなぁって…

辛くて苦しくて悲しい体験を
させてもらったお陰かなぁと…
嫌な過去もひっくるめて
今の自分が居る事に感謝です。

悲しい事件やゲスい話ばかりが
世の中に溢れ出る光景を
情けなく見ています…

自分を省みて反省し
自分の行動を改めてみることが
必要かもしれませんね…

1日の最後に自分を省みる時間が
絶対に必要だと思います。

あれは、本当に誰かの為になったのか…
あれは、本当に自分本位の
身勝手な行動、言動じゃなかったのか…
あれは、相手の立場になって考えた事なのか…

常に反対の立場に立って…
もしも、相手が自分だったら
どう思うか考えながら
行動、言動しないといけないですね。




あなたへ

2016.03.30 17:50|つぶやき
窓越しに見える薄ピンクの桜…
「今年の桜は、まだ満開じゃないね…」
虚ろな目で外を見ながら
「体がキツいでしょ?早く家に帰りなさい」

それが最期の言葉でしたね…

あの日が訪れなかったら…
楽しい事もいっぱい経験できたのに
あなたの嬉しそうな顔が見たかった…
話したい事もたくさんあった…

まるで桐箱に入った腐ったバナナだ。
ぼろ布に包まれた宝石であれ…
世間体ばかり気にして
人の目や評価ばかり気にして
一番大切な事を忘れてる…
人の心、想いを蔑ろにして
俺様が地球を回してる気分で
人の思いやりを無にする…
そして…死人に口無しを良いことに
亡き人の事を悪く言う…
相変わらずの自分勝手さに怒り爆発!
泣きながら怒鳴って声が涸れた…
産まれて初めて父親に怒りをぶつけました。
四十九日法要準備の時の出来事でした。

ひょっとしたら…と
あなたの携帯の電源を入れた…
あなたの声が聞こえてきそうで…

えっ…何で?
通話履歴もメールも全て消えてる…
あなたが意識を無くしてから
ずっと私が持っていたのに…
その時は、全て残っていたのに…
あの携帯の中には
辛く悲しく悔しい想いが
いっぱい詰まっていました。
実際、話しもしてくれていたよね…

何故、全て消えてしまってたのか…
きっと、もうこれ以上私を
泣かせたくなかったんだね…

墓石の「平成17年3月31日永眠」
を見つめながら時の流れを感じます。
母が亡くなって、もう11年・・・
あの時、まだ65歳…
入院して2ヶ月で逝ってしまいました。

今年は春の陽が暖かです。

あなたと暮らした家も無くなり
私は、父とは離れてアパート暮らし。
それでも独りを選んだ事に後悔してない…
心配しないでね…
私…幸せです。

夜桜、一緒に見に行きたかったね…
天国から見えますか?

明日31日の命日は静かに母を想います。


鮎さんの曲を聴きながらどうぞ
Are you







倫理と正義と幸福と

2016.02.15 19:00|つぶやき
年明け早々、やたら世間が騒がしい…
何が本当で何が嘘か分からないけど
もし全てが本当だったとしたら
全ての事柄について、いけない事でしょう。
だからといって、それをああいう形で
晒す事もどうなんでしょう…
報道や表現の自由はあるけれど
そこに心はなく…救われる人も居ない。
もちろん情もない。
心あれば、もっと違うやり方があったのではないか
と見聞きする度、ため息が出る…

目的はやっぱり利益でしょうか?
その為なら、人の人生を潰して良いんですかね…

騒がれてる事柄は決して良いことではなく
肯定するつもりはないんです。
もちろんいけない事です。

でも人間、完璧な人なんて絶対居ないはずです。
という私だって過ちもあります。
晒してる人達、偉そうに喋ってる人達
清廉潔白ですか?と聞いてみたい。

私が書いてる冒頭の話とは
関係のない事での発言ではあるけど
ある番組内である人が言った言葉に
深く頷いてしまった…
『人が障害なのではく、生きていく世の中が
 障害なんですよね』

最近、TVで『障害者』を
『障がい者』と表記される様になったらしい。
それは、身体にハンディーのある人が
害であるように思われるからだとか…

(´-ω-`)ぅーん…
そういう風に気遣いする?
『障害者』という言葉自体が
なくなる社会じゃなきゃダメじゃない?
今の世の中、何か歯車が噛み合ってない…
何かが欠けてる様に思えてなりません。

生きていくには、お金が無ければ
生きていけないですね…
利益を得る為には何でも有りな世の中に
何だか違和感を感じてしまうのです。
障害だらけの社会だ、本当に・・・

思うように動けない体…
この先どうなるか分からない体…
寂しいとか苦しいとか辛いとか
言う時間さえも勿体ない。
今日は誰かと 笑って話せたなぁって…
普通にささやかに息していられたら
それ以上の幸福などない…
と思う程、死にそうになった事がない
嘘臭い幸せを求めてる人達の
悪足掻きのように見えて
バカバカしくなってくる私は
ひねくれ者だからでしょうか…

雑誌などは買わなきゃいいけど
唯一の娯楽であるTVから
容赦なく入れられる情報に
重苦しい気持ちでいます。

一歩、足を出すのにどれだけ時間がかかるだろ…
服を着替えるのにどれだけ時間がかかるだろ…
何をするのでも、一人では物凄い時間がかかる
赤ちゃんの様な生活の中でも
穏やかに何事もなく静かに暮らせる
ごくごく当たり前な事に感謝してます。

それでも、常に誰かの心を大事にし
常に人を想い、常に人との繋がりを大切にし
今の自分は、これ以上の幸せは要らないと思う。

体の傷や痛みはいつか治ります。
でも、失った機能は蘇りません。
ましてや 心の傷は治りません。
元通りにはなりません。

心の豊かさを持つ人達が溢れる社会に
なってくれる事を心から願います。

以上、私の勝手な主観で感じた事を表現しました。
何のことなのかは、ご想像にお任せします。

[フリー素材 ふわり。ふわりより]




振り子

2016.02.01 19:20|つぶやき
過ぎた時は戻らない…
だから今を後悔しないように生きようと
自分に言い聞かせて過ごしてきた。
でも、過ぎた時を後悔しない人間なんて
居ないと思う…
あの時、あの日…
ああしてたら、こうだったらと…

振り子時計の片っぽの動きが悪くなっても
片っぽが頑張って動くから
狂わず、止まらず時を刻むんだって…
助け合って、支え合って
振り子時計は動くんだって…

頑張りが足らなかったかな…って
過ぎた時を思い出す…

人は時々、得体の知れない
大きくて分厚い壁に突き当たる時がある…
がむしゃらに登ってみたり
血だらけになってぶち当たってみたり
どんなに頑張っても乗り越えられない壁もある。

何も努力せず、諦めて背を向けた訳じゃない…
泣きながら苦しみながら独りで
頑張ってみた…
ケガするのに、素手で穴開けようとしたり…
裸足で蹴り入れたり…
その度に身体も心も痛み傷つけボロボロで
独りの力じゃ、どうしようもないデカい壁なのに
誰かに少しだけ助けを求めても良かったのに…

ロープを借りられたかもしれない…
ハンマーを借りられたかもしれない…
何でいつも独りで何とかしようと
頑張りすぎるんだろうと…
頑張り方を間違えたかな…と
過ぎた時を冷たい目で見てる自分が居る…

鉄拳さんのパラパラ漫画
どれを見ても感動しますが
『振り子』というパラパラ漫画が
映画化されて先日TVでやってました。

時計の振り子に深いストーリーがあった…
泣けて泣けてしかたなかった。

鉄拳さんのパラパラ漫画を見て
あなたは何を想像するでしょうか…


振り子公式サイト






蒼・・・

2015.12.04 19:59|つぶやき
ひと雨毎に冬を連れてくる
冷たい蒼い雨…
願った約束も叶わぬ切なさ…
淀んだ風景の中、背中を丸めゆっくりと…
前へ前へと気持ちだけが前のめり。
何をするにも叶わぬもどかしさ…
きっとこのまま終焉を迎え
きっとこのまま想いだけが置いてきぼり…

目に見える全てが…
触れる事の全てが…
生きている事さえも…
何もかもが深い深い蒼色。


またもや抽象的な表現で
今の状況を表してみました。

自分なりに自分の出来得る事を
出来る限り頑張ってるつもりです。

でも…頑張っても頑張っても
どうにもならない事は
どうしようもないのに
もっともっとと背中を叩かれてる様で
時々、何もかも…
放り投げてしまいたい衝動に駆られます。

やがて訪れるであろう将来を
実感する今日この頃…

もっともっとワガママになっても
神様は許してくれるかなぁ…と
物思いにふける・・・

もう一度だけでいいから
海を見に行ける力を下さい…
海は「蒼色」じゃなくて
鮮やかな青色だから・・・

宮崎海岸





生きる糧

2015.09.23 19:08|つぶやき
この世の中に音楽なんて
無くたって生きていけるのに
必要とされるのは、どうしてだと思います?

癒されるから…
楽しいから…
ストレス解消になるから…
人それぞれに感じる事は色々でしょう…

『言葉にできないモノを表現したい時
 そこから音楽が始まる…』
コレは、あるドラマのセリフですが
本当にそうだなぁと心に刻み込まれました。

楽譜や譜面頼りじゃなく
必ず、メロディーや歌詞を自分の中で感じて
下手でもいいから自分なりに伝える事…
そうしているうちに
目に見えない伝えるべきモノが
感じられるのです。

その音楽が語っている事を
感じられる瞬間が愛おしくて…

私の生きる糧は、音楽なのかもしれません。

常に自分に言い聞かせてる事…
そして、ある人に贈った言葉ですが
ここを見てくれた皆さんにも
贈らせてもらいます。

今できる事をできるだけでいいから…
やれるだけやりましょう。
今、この時を大事にしましょう。
遠い先を見ようとすると
誰にも見えないから
どんな人でも不安になります。
今だけ見ていましょう。
それが明日への活力になります。
今までの頑張りは
いい結果に繋がりますよ。





心の奥

2015.09.19 20:28|つぶやき
人を恨み・・・
そして憎み・・・
傷ついたと投げつける事は簡単で
誰かのせいにして・・・
逃げる事も簡単で・・・

たとえそれがホントに
辛い出来事だとしても
何も言わず自分の心の中に
閉まって鍵をかけて
もう二度とその扉は開かないと思う事も
思いやりのひとつ・・・

時にコトバはココロを切りつけ
痛くても痛いと言えない…

気遣いのコトバなのに
気遣ってないと切りつけられて…

哀しいのは自分だけじゃなく
わかってもらえない方も
哀しいんだよ

痛いのに痛いって言えない辛さ
分かろうとする努力も必要…

心の器を相手の心に合わせて
温かく大きく柔軟であれと
言い聞かせてみよう、自分の心に…




優しい言葉の拡散

2015.08.31 17:54|つぶやき
9月1日に自ら命を断つ子が
小学生で5万人くらい…
そして中学生では12万人以上になるという…
夏休みが終わる日じゃなくて
新学期が始まる日が圧倒的に多いというのが
とても切なくなります。

苦しんで考えて悩んだ残酷な
いちにちだったんだなぁ…って。

先日のツイートが話題になってますね。
図書館司書の方の優しい言葉…

死にたい程学校に行きたくないなら
図書館においで…という趣旨の言葉…

心の拠り所や居場所がなくて
苦しい子達の止まり木に
なってくれたら…と思いながら
ニュースを見ました。

本当は、その心の拠り所が
家庭にあれば淋しくないのに…
何も言葉なんて要らないから
ただ寄り添ってくれてたら
それだけでいいのに…

黙って抱きしめてもらえるだけで
救われるたくさんの想いがある…

それを解ってあげられる人で
ありたいですね…


[素材 ふわり。ふわりより]



カウンター

しぃの部屋

[掲示板]


[本館Time Post]


[YouTubeチャンネル]


プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。
ブログのご案内
カテゴリー[ポエム]は…☆
本館HPTime PostのLetter
で綴ったものに画像を
合わせてみました。
LetterではBGMが流れます。
大体、過去に綴ったものを
手直ししてるので必ずしも
今の気持ちを代弁してるものでは
ありませんが…

カテゴリー[今日のひとこと]は…☆
気付いた事に大事のものをみいだして
綴ってます。

カテゴリー[音楽]は…☆
自分のライブ報告や音楽で感じた事を
綴っています。

カテゴリー[日々の出来事]は…☆
何気ない普段の生活の事を
綴っています。

カテゴリー[病気]は…☆
私の永遠の友「治らない病気」の事を綴っています。
ブログを始めたキッカケでもあります。

管理人へのお手紙


カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ